よく分かる税理士のメリットとデメリット

>

必要経費とは何を指しているか

必要経費の判断

何処までが必要経費と考えられるかは判断が難しい。
何処までも売り上げを上げるために必要な支出のことであって税法上必要経費ということになっている。
この必要経費をできるだけ増やす、つまりもれなく計上することが節税対策ということになる。
プライベートで家族と出かけて食事をしたり、何とかパークで遊んだりしたとき、いくら領収書があっても必要経費には入れられない。
例えば取引先の人の接待としてゴルフをしたのなら、この時の費用は必要経費として認められる。
自宅で仕事をしている人がその家賃の何パーセントかを必要経費にしたいと思っても実際家賃の一定の割合を経費に出来るのだが何パーセントまで経費として落とせるかの判断は非常にハードルの高い判断となる

税理士は絶対に必要

必要経費の線引きも税理士に頼らなければ難しい。
個人事業主が顧問税理士を欲しいと考え出すのは売り上げが上がって日々の仕訳や確定申告が面倒になった時である。
税理士と顧問契約をすると事務経理の負担が減るし、効果的な節税対策もできる。
それから経営アドバイスも受けられるし資金調達や融資で有利になる。
税理士に依頼するデメリットは費用の面である。
税理士報酬は大きく分けて顧問料と決算料(税務書類の作成報酬)の二つである。
顧問料は顧問契約を結んだことに対する普通毎月払う。
決算料は決算書や申告書などを作成することへの報酬で普通年一回支払うことになっている。
現在すべての税理士に適用される税理士報酬規程が無いので税理士によってその報酬は異なる。


この記事をシェアする