よく分かる税理士のメリットとデメリット

>

これから個人で事業を始めようとする場合

青色申告と税理士にかかるコスト

特典のある青色申告にするには色を選ぶわけではないから事業主が独りでは出来ない。
青色申告にするためには条件と準備が必要である。
日々毎日の取引を複式簿記という原則に基づいて記入し保存するのが条件である。簿記を知らない個人事業主にはお手上げであろう。
ここで登場するのはやっぱり、税理士である。
税理士の費用は頼み方によって異なるが普通に確定申告を依頼する時の相場は13万円くらいである。
実は青色申告だと65万円の特別控除が受けられることになっている。
控除分は所得から引くことが出来るから、所得税率が二割だとすると65万円の二割は13万円である。
青色申告にするために雇った税理士の報酬分がそこから生み出されたことになる。

青色申告にするためには条件と準備が必要

特典のある青色申告にするには色を選ぶわけではないから事業主が独りでは出来ない。
青色申告にするためには条件と準備が必要である。
日々毎日の取引を複式簿記という原則に基づいて記入し保存するのが条件である。簿記を知らない個人事業主にはお手上げであろう。
ここで登場するのはやっぱり、税理士である。
税理士の費用は頼み方によって異なるが普通に確定申告を依頼する時の相場は13万円くらいである。日々毎日の取引を複式簿記という原則に基づいて記入し保存するのが条件である。簿記を知らない個人事業主にはお手上げであろう。
ここで登場するのはやっぱり、税理士である。
実は青色申告だと65万円の特別控除が受けられることになっている。
控除分は所得から引くことが出来るから、所得税率が二割だとすると65万円の二割は13万円である。
青色申告にするために雇った税理士の報酬分がそこから生み出されたことになる。


この記事をシェアする