よく分かる税理士のメリットとデメリット

>

税理士とは何か

税理士に依頼すれば本業に専念できる

お金の節約のために税理士を雇わないで税金の計算や帳簿付けを全部個人事業主が自分でやるとどうなるであろうか。
請求書や領収書の類を整理し帳簿付けをし、その作業に手間がかかり多くの時間をとられてしまう。
その結果肝心の事業が疎かになってしまうこともあるし、また事業が大きくなる程確定申告時期が近づいて慌てても間に合わなくなるので普段から帳簿付けが必要となってくる。
その帳簿付けなどにかかる時間が本業の方に影響を与えることもあるだろうし、逆に本業が忙しくて帳簿付けなどやってられないという状況も考えられる。
だからやっぱり代わりに帳簿付けをしてくれる税理士に頼み本業に専念できる環境を作る方が大切なのではないかと思われる。

資金繰りの相談

税理士を雇わずに確定申告を個人事業主が自分で計算して書いた場合、その数字の正確性が如何程のものか、不安を抱いている筈だ。
後で税務署から指摘を受けたり延滞税等のペナルティーを支払わなければならない不安を感じているに違いない。
それならやっぱり税理士に依頼して確定申告もしてもらいまた税理士には資金繰りの相談も出来るのである。
これはちょっと意外な事ではあるが、ここで言う資金繰りの相談とは、金融機関から融資を受けたり、自治体などの補助金の手続きのことを指している。
つまり融資を受けたり補助金を出して貰ったりする為には、様々な書類を用意しなければならない。
その中には事業計画書や直近の試算表等の会計業務に付随する書類も多くある。


この記事をシェアする