個人事業主に税理士は不要?

よく分かる税理士のメリットとデメリット

税理士とは何か

個人事業主が、税理士に依頼しないで税金の計算や帳簿付けを全部自分でした場合、税金の計算が非の打ちどころなく正しく出来ているかどうかということで絶対的に自信を持てる個人事業主は居ないと思う。自分独りで税金の計算をして確定申告をした人は皆不安を抱えている筈である。

税理士の仕事の絶対的な正確性

主に個人や中小企業の税金に関するサポートをする。
もし依頼するとなれば、インターネット上に多数ある無料の税理士紹介センターを利用することが出来る。
それを利用する時は電話やメールでこちらの要望を伝えると、最適と思われる税理士を紹介してくれる。
そして実際にその税理士に会って、人柄や相性を確認し、双方が納得すればそこで契約となる。
税理士は確定申告や記帳代行や相続税の申告や開業支援等をしてくれるし経営状況の相談にも乗ってくれる。
「独占業」という税理士にしかできない仕事がある。
それは税理士法で三つ定められている。
その一つはあとの7つは弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、海事代理士である。
納税者が自分の所得を計算し、納税額を算出する申告納税制度を推し進める役割を担っている。
その一つは、税務書類の作成。
つまり税務署や市役所などの各自治体に出す税務の申告書や届出書を作成することである。
その記載内容や税金の計算には特別な知識が必要で個人事業主本人にはその作成が大変難しい。
その二つめは税務代理である。
それは税金の申告・申請・届け出を事業主に代わって行うことをいう。
その三つめは税務相談、税務書類の作成。
つまり税務署や市役所などの各自治体に出す税務の申告書や届出書を作成することである。
その記載内容や税金の計算には特別な知識が必要で個人事業主本人にはその作成が大変難しい。
その二つめは税務代理である。
それは税金の申告・申請・届け出を事業主に代わって行うことをいう。
その三つめは税務相談。
個々の事業主の具体的な税務の話になると税理士に相談しなければならない。

これから個人で事業を始めようとする場合

いまこれから初めて個人で事業を始めようとするときは、迷うことなく始めから税理士に頼む方が良い。 開業した時には色々な書類を税務署などに提出しなければならないし、開業時の書類には提出期限がある。 この提出期限に送れたら、有利な特典のある青色申告などを受けられない。

必要経費とは何を指しているか

税務申告とは年間の売り上げからかかった必要な経費を引いた上で税額を計算し税務署に報告することを言う。 差し引く必要経費がどこまでであるかという判断は知識がないと難しい。 あくまでも必要経費とは事業に必要な経費のことである。 自力での申告を考えてみるとき必要経費の判断は知識がないと難しい。